世界最大の運命理論ウェブサイト-「紫微斗数(しびとすう)」
 
 

IT業界で長年経験を積んで来た張盛舒(サム・S・チャン)氏によって創設された「科技紫微網:Click108」は2000年6月に設立し、当時10名の小グループから現在では80名にまで成長致しました。台湾、上海、湖南の三地点に、それぞれ専門グループを配置し、会員の皆様へのサービスを提供しております。「科技紫微網:Click108」ウェブサイトは、紫微斗数を主体とし、よりIT技術を活用した形態として、中国の伝統的な「算命術:占術」─紫微斗数をより発展させ、現代人の生涯計画の道具に転換させるたものです。

「科技紫微網:Click108」ウェブサイトは、科学的な「造命:運命を変える」を強調し、算命(占う)=>知命(命運を正しく認識する)=>造命(運命を変える)の全く画期的な方法によって、昔ながらの占いにおける行き過ぎた宿命迷信のゆがみを是正します!現在、ウェブサイトには、全世界に500万人を超える会員がおり、広く御愛顧を賜っております!「科技紫微網:Click108」ウェブサイトでは、目下、ネットユーザーに向けて、中国語の繁体字および簡体字、英語、日本語の4バージョンによる数百種に渡る運命判断商品のサービスを24時間提供しています。又、紫微斗数、易経、星座、タロット、心理テスト等各種占いの他、紫微斗数を学びたい皆様には、「紫微斗数トレーニングクラス」を特別に開講しています。紫微斗数を30年間研究された創設者・張盛舒(サム・S・チャン)氏のカリキュラムにおいて、会員は48時間内に紫微斗数の真髄を学び取ることができます!創設者・張盛舒(サム・S・チャン)先生は、昔ながらの紫微斗数を科学的方法で検証し続け、歩いて来られた道には困難が伴ったものの、時間及び幅広いネットユーザーに支えられ、今日の「科技紫微網:Click108」ウェブサイトの成功を収めるに至りました。

禧達康資訊股份有限公司(科技紫微網:Click108)は、PC、ケータイユーザー向けのデジタルコンテンツの提供をメインとし、その他、継続的に紫微斗数に興味を持つ会員の育成、並び創業の支援業務を行っています。創設者は張盛舒(サム・S・チャン)氏であり、当社に投資を行った主な法人としては、智碁科技第一基金(AcerVC IP Fund One,基金規模は2.6億米ドル(約273億円)、この基金への投資者は宏碁グループ、宏碁の幹部、及び、シンガポール政府基金、大通銀行(JP.モルガン)、野村證券、花旗銀行(シティバンク)等の国際的大型投資会社が60%を占めています)、安瑟數位股份有限公司(Answer online)、圓剛科技(Avermedia)等の国際的に知名度の高い会社がその名を連ねました。
2001年、禧達康資訊社(科技紫微網:Click108ウェブサイト)は、中国湖南において禧達康科技資訊公司を設立しました。インターネットサービス及び技術開発を主な業務内容とする、当地に初めての中国とイギリスによるハイテクノロジー合弁会社です。また、2003年には上海支社を設立、インターネット及び携帯電話の付加価値コンテンツのサービスを拡大致しました。現在、禧達康社は、台湾、中国、香港、北アメリカ等の各主要ポータルサイト配信会社及びISP(インターネットサービスプロバイダ)と提携し、「科技紫微網:Click108」ウェブサイトのサービスを展開しています。創設者兼董事長(取締役会長に相当)の張盛舒(サム・S・チャン)氏が研究し、発明した「定盤」システムは中国大陸における特許許可を取得しました。これは生まれた時刻が分からなければ計算できないという紫微斗数の難問を解決した画期的なものです。更に、2009年、禧達康資訊社(科技紫微網)は、業界紙「数位時代」が公表した全国ウェブサイトランキングの第42位、並び人気指数第10位に輝きました。その他に、占い業界もまた2009年の「遠見雑誌」のキャリア特別号に掲載され、注目度NO.1の創業ジャンルに選ばれました!

「科技紫微網:Click108」ウェブサイトは五千年の歴史を背景に持つ紫微斗数を現在の応用科学の観点から表現したもので、東洋文化と西洋の統計学をうまく整合することによって、現代人の観点により近付くものにしました!古来の占いにおける迷信を取り除き、運命理論のベールを紐解く「科技紫微網:Click108」ウェブサイトを通して、気軽に本当の自分を見出して下さい!もう、占いは迷信ではなく、あなたの「命盤」を知ることによって、自己の長所及び欠点を理解し、より良き素晴らしい未来を自ら築くことになるのです!それはまさに、個人の命運は、天に定められたものであっても、運命の結果は自分の手によって掌握できるものなのです!


董事長(取締役会長に相当)の張盛舒(サム・S・チャン)はこれまで、IT業界の国際的舞台で多くの成功を収めてきました。この禧達康社を興す前には、台湾株式市場で店頭公開されている HeroIT.com (しょうこうしゃ)の創業メンバーに加わり、創業後は董事総経理(取締役社長に相当)を歴任、中華電信公司(日本のNTTに相当)及び郵政総局に協力し、台湾内における公文書交換インターネット網を立ち上げました。また、その他にも米系であるデジタル社のシステム統括部で経理(日本の部長に相当)を、宏碁( Acer )の金融事業部でセールスマネージャーと言った要職を歴任してきました。

若い頃から「紫微斗数(しびとすう)」を研究してきた張盛舒(サム・S・チャン)は、 「封建時代的な迷信を打破・排除し、自分の運命を創り出す」と言う考えのもと、命理学(運命理論、いわゆる「算命(占い)」)に心理学の理論を加え、独創的な「オンライン性格分類データベース」( OPIMD , Online Personality Identification Mechanism & Database )及び「性格判断の為の問題集」( PCV , Personality Chart Verification )を創り出し、その的中率は93%に達しました。このシステムは中国でも特許を取得するに至りました。

その他に、張盛舒(サム・S・チャン)は台湾と中国の間の文化界・マスコミ界でもその名を知られており、台湾でも既に自伝《造命(自分の運命を切り開く)》-自分探しの旅、小説《命帯桃花(好奇心を持つ運命)》、この他にも《科技紫微論女命(『紫微斗数』運命論における女性の運命)》、《閲人有術(人を見る方法)》、《銷售有力(上手なセールス)》等を出版、 とことんまで迷信を排除し、伝統的な運命論の間違いを指摘してきました。そして、伝統的な紫微斗数にマネージメント及び人間関係学を取り入れ、世界で最も大きな「『紫微斗数』運命論」のウェブサイトを立ち上げました。張盛舒(サム・S・チャン)自身も、台湾と中国のラジオ、テレビ、講演会等の特別ゲストとして、台湾の著名人・芸能人(呉宗憲、李敖、F4等)の運命について、この「『紫微斗数』運命論」を使い分析しました。また、台湾中天テレビ局の《天機可以洩露》、中国湖南衛星テレビの《玫瑰之約》、上海テレビ局の《大話愛情》等の番組の中でいろいろなゲストの運命分析をしてきました。その意味で、張盛舒は台湾及び中国における著名な企業家、作家、ITエンジニアー、発明家及び命理学(運命理論学)の専門家と言えるのです。


当ホームページ記載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。
Copyright(C) 禧達康情報株式会社

 

Y>