世界最大の運命理論ウェブサイト-「紫微斗数(しびとすう)」
 
 

作者:サム・S・チャン(張盛舒・ちょうせいじょ)
紫微斗数とは?
紫微斗数の算出方法
紫微斗数を用いた現代的解釈
 
紫微斗数を用いた現代的解釈
 

2000年9月に「『紫微斗数』運命論」のウェブサイトが設立されて間もなく、私が紫微陰陽主星の分析をしている際に、紫微と易経の考え方を組み合わせ、易経の分類法(太極は両儀を生み、両儀は四象を生み、四象は八卦を生む)によって、紫微命盤を大きく陰陽の二つに大分類化し、更に以下の四つに中分類化しました。更にこの四つの中分類を更に細かく144の主要な命盤に分類しました。最初に四つの中分類ですが、以下の通りとなります。

老陽:純陽の数;個性を強烈に表現し、積極的に人生を追求し、犠牲を恐れず、物を享受することを好み、自分を重視します。

少陰:漸陰の数;個性の表現が穏やかで、リーダーシップを持ちます。積極的に物事を処(ゼンイン)  理し、いろいろなことを恐れずに実行します。

少陽:漸陽の数;真っ直ぐな性格で、細かいことにこだわらず、話す内容は明快で、人に(ゼンヨウ)  貢献することを好みます。

老陰:純陰の数;内向きの性格で、考えることを好み、人からの影響を受けやすい性格です。

しかし、この2年来の経過の中で、この易経を理解することは多くの人にとって容易なことではないことに気が付きました。これをもっと分かりやすく、表現する為に、現代人に分かりやすい言葉でこの四つのタイプを表現すること思い付きました。

行動型( Action ):物事の処理スピードが早く、直接的で細かいことにこだわらず、比較的、こらえ性が無い性格です。人生の変化が大きく、生まれついての冒険家且つ開拓者(創業者)です。

指導型( Leadership ):このタイプは動と静のバランスが良く、リーダーシップ能力があります。また、統率力を持って行動し、生まれついての管理者です。

支援型( Support ):彼らは人に対して親切・熱心で、性格は快活・朗らかで、人に対して影響を与えることを好みます。また意見を発表したりすることが好きで、幕僚としての高い能力を持っています。その為、支援型と呼ばれます。

協力型( Adapt ):穏やかな性格で、人に合わせることが得意です。また人からの影響を受け易く、このタイプの人は与えられた学習環境とその過程が非常に大きくその後の人生を左右します。よって先天的な性格を最も変え易いタイプです。物静かで物思いにふけることが多く、変化を好まず人生の計画も一つ一つ立て、それを実行していくので、意外性が無いとも言えます。

ここまで書くと、読者の中に行為科学や心理学の素養がある方は、私が研究を始めた頃と同じ様に、驚かざるを得ないと思います。なぜならこの分類は、心理学の大家であるユング( Carl G..Jung , 1875 ~ 1961 )の言っている内容とあまりにも似通っているからです。中国人の占いの根本的な仮定としては、人間の性格と複雑な行為は一定の法則に則して進むと考えられ、それは生まれながらにして決められているものとされて来ました。そして、現代の心理学及び遺伝子の研究により、それが見事に証明されたのです。40年代、ユングは人間の行為は偶然に起こるものではなく、一定の法則に従うものと捉えました。それは人類の頭脳の発展に伴い、各人は生まれながらにして一定の傾向を持ち、それぞれ違った思考過程をたどると言うものでした。ユングは、各個人が自分とは外の世界と接する際、完全に2つの全く違った傾向を示すことに気が付きました。それを Extraversion (外向性)と Introversion (内向性)に分けました。また、彼は人は生まれたばかりの状態では内向性を示すと信じ、このことが外の世界或いは人間との間で互いに作用し合うと捉えました。但し、彼はこれらの性格の組み合わせが、変化するものなのか固定的なものなのかについては結論は出すことができなかったようです。彼の理論は現代の心理学的評価方法に多大な影響を与えました。例えば、有名なMBTI法は Myers と Briggs の二人の女性が、40年代にユングの認知と判断、外向性と内向性、感覚と知覚、理性と感性に基づいた四類双極偏好理論で、人を16種類のタイプに分けています。その他に、DISC法もユングの理論を基に作られたものであり、人のタイプを外向性D型(支配型: Dominance )及びI型(影響型: Influence )、内向性S型(安定型: Steadiness )及びC型(追従型: Compliance )に分けています。実は、これは私が書いている紫微人格特質分類と非常に似ていると思います。もっと不思議なのは、紫微命盤の分類はこれらの分類よりも非常に細かいだけではなく、出生時間から割り出したこの分類の正確度が極めて高いと言うことです。これは大量の心理分析テストに対して答える必要も無く、テスト後の灰色ゾーンが多くて困ると言うこともありません。「『紫微斗数』運命論」のウェブサイトにおける定盤(ていばん:自分の命盤を確定させる)は既に50万種類の命盤を提示しているだけでなく、その定盤の成功率は93%、定盤の調整率は79%となっています。同時に、定盤は双子の問題も、また閏月に生まれた場合の問題も解決しています。我々は命盤に対して完全に現代的な価値を与えたのであり、これまでのただ単に怪しげな占いの道具であったものから、実用的なレベルにまで引き上げたのです。これは、自分で言うのも何ですが、もの凄いことと言っても言い過ぎでは無いでしょう。また先天的な性格がほとんどの行為と活動を規定するとは言っても、伝統的な宿命論とは違います。また遺伝子論と比べても非常にすばらしい発見と言っても良いものだと思います。

ユングの一生は非常に華々しいもので、もともとはフロイトの門下生でしたが、その後、フロイトとは袂を分かち、晩年は星象学に熱中しました。彼は、「心理学で人の性格を分析するよりも、星座によって分析した方が正確である。」と述べたそうです。この言葉は、多くの占星家を鼓舞すると同時に、多くの心理学者達に気まずい気分を味わわせました。もし、ユングが生きている間にこの紫微斗数に触れる機会があったなら、この紫微斗数はとっくの昔から出生時間でその性格を分類し、その正確さは西洋占星術をはるかに凌ぐものであることを知り、本当に驚いたことでしょう。その影響は恐らくライプニッツが易経に出会ったことで計算機の基礎を作ったことに勝るとも劣らない結果となったでしょう。

「『紫微斗数』運命論」のウェブサイトを立ち上げて既に3年が経ちました。今回新しい1年が始まるに当たり、ウェブサイトの利用者の皆様に最も大きなプレゼントをしたいと思います。それは、私がこれまで絶えず強調してきた 「造命(自分の運命を切り拓く)」、自分の一生の過ごし方を自ら定めると言うことについて、私達は実証しつつあると言うことです。紫微斗数の神秘的な面を無くすことがあったとしても、一方で全く新しい現代的価値を高めることになったのです。命盤は天が我々に与えてくれた大事な宝物です。この命盤はその人が生まれ持った性格でそれぞれが違った考え方をすると言うことを教えてはくれますが、あなたがいつ死ぬか、あなたがいつ頃、幾らぐらい儲けるかと言うことは教えてくれません。これらは、あなたがその後の環境、学習、知り合った人等によって違った結果が生まれるのです。これがIT紫微斗数サイトを開設してから2年、最も大きな収穫です。我々は実際の実験を持って占いの間違いを否定し、また逆に命盤の意義を肯定することになったのです。これが正に本当の 「造命」なのです。 「造命」とは自分の「命盤」を理解し、それを前提に自分の運命を切り拓くことです。私が 再度強調したいのは、「命盤」には良いも悪いも無いのです。 もし間違いがあったとすれば、それは後日の努力の過程で起こってしまったもので、 決して先天的な宿命ではないのです。

科学の意義は、今日の自分が昨日の自分を振り返り、自分の行いを見つめ直すと言うことです。よって、「『紫微斗数』運命論」のウェブサイトは皆さんが一緒に研究をすることを心より歓迎いたします。そして伝統的で間違いを教える命理学(運命理論)を打破していきましょう。そして紫微斗数についた汚れや垢を洗い流し、本来の姿を取り戻しましょう。この中国文化が生んだ紫微斗数が、少しでも世界の為に役立つことを願って止みません。

当ホームページ記載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。
Copyright(C) 禧達康情報株式会社

 

Y>